塗装例について 各種塗装に関するスプレーのことなら当社にお任せ下さい。


ホーム塗装例

塗装例

 

それでは実際の塗装の時にはどの様な方法で作業をすれば良いのでしょうか。
此処では野外の壁面の塗りなおしを想定とした実例をご紹介いたします。


1.周りの掃除

屋外の塗装作業なので晴れた日を選び計画的にやりましょう。デッキブラシやほうきなどで壁面の汚れや油分を落として、乾燥させてから、補修・塗装に取り掛 かります。汚れがひどい場合は、高圧洗浄などを使用し、部分的に洗浄とす事も必要です。汚れやキズ、ひびわれやコケなど、現在の外壁の状態をしっかりと把 握してから作業を開始しましょう。


2.補修

下地の状態によって、補修剤を使い塗る前の下準備を致します。

1mm以下のひび割れ

住宅用浸透性防水剤/スプレータイプ 1mm以下の細いひび割れの場合は防水塗料をスプレーします。液体がモルタル内部にしみ込んで防水層を作ります。ひび割れとその周囲にぬれるぐらい拭きつけ、完全に乾いてから 塗装してください。ひび割れが広範囲にわたる場合は、 液体タイプを使って刷毛で塗ることも出来ます。 なお、塗装に水性外壁用弾性塗料を使う場合は補修は不要です


1mm以上のひび割れ

1mm以上のひび割れはドライバーの先などで中をさらい、きれいにしてから充填します。充填剤をひび割れに塗りつけたら、ヘラなどで伸ばしならします。 アクリル系充填剤水性なので使いやすいのが特徴。充填後1日たってから塗装します。 変成シリコン系充填剤耐候性に優れているのが特徴。塗装は充填後3~4時間たってから、3日以内に行います。 樹脂セメント系充填水止め剤湿っていても充填できるのが特徴。塗装は2日たってから行ってください。


3.マスキング

仕上げ部分以外に余分な塗料が付着しないように、窓枠・桟・ひさし、床や地面などの足回りを新聞紙や養生シート、マスキングテープで覆ってから作業に入り ましょう。マスキングテープは各種の幅のものが販売されており、シート付きのものもあります。塗装面や工作物を傷めてしまうため粘着力の強い粘着テープ (ガムテープやセロハンテープ)でマスキングすることは控えましょう。塗装面以外の面を保護するためにもマスキングは塗装前に確実に施しておく必要があります。


4.塗装

壁が風化している時などは、まず下塗りシーラーを塗る事をお進めします。シーラーとは屋根・外壁と塗料を確実に密着させるために必要な下塗り剤です。「溶剤タイプ」「水性タイプ」の2つに大きく分けられていて、使用する塗料によっては専用のシーラーが用意されている場合もあります。溶剤タイプは、浸透性(含浸性)が高く、下地に痛みがある場合に有効です。水性タイプは、塗装時や乾燥途中の臭いが少なく、塗装終了後の道具の洗浄(排水)時を含め、環境に対する影響が少ないです。しかし、乾燥までの時間が溶剤タイプに比べ時間がかかります。また、下地の劣化が激しい場合には不向きです。
ローラーバケでは塗れないところ、塗りにくいところは、はスジカイバケやミニバケを使って塗っていきます。そしてその他の広い面をローラーで塗ります。
ローラーバケに塗料を含ませたら何度か転がして、塗料を均一になじませてから塗ります。ローラーを壁面につけて「Vの字」に塗り進めていきます。広い面積なので3~4㎡を1つの単位として平均した塗膜をつけていききます。塗料がはねないようにゆっくりと押さえるように転がしてください。


塗装をする場合の注意

火気厳禁。 拭き取りに使用したウエス又は塗装に使用したスポンジは、火気の有無にかかわらず、
必ず使用後すぐ水に浸し処分するか、焼却処分して下さい。 自然発火の可能性があります。

塗装前に木材の表面の汚れ、シミやほこりを取り除き表面をきれいにして下さい。

塗料は絶対にシンナーなどで薄めないで下さい。また使用前によくかき混ぜて使用して下さい。

塗装前には必ず試し塗りをして下さい。木材によって仕上がりが異なる場合がございます。
木材の表面の仕上がりを確認して下さい。(表面がサンダー仕上げになっているか…など)


正しい塗装の方法を覚えて、気軽にご自宅や車の補修塗装をやってみましょう。
当社塗装スプレー.comはこの様な塗装の方法のご相談、ご質問もお答えしております。
お気軽に塗装スプレー.comまで塗装作業の疑問を投げかけてくださいませ!